センター試験を終えて

センター試験を終えた3年次生から在校生へ贈られたアドバイスを、一部抜粋してご紹介します。



 1・2年生のときにどれだけ基礎を定着させられるかが成功のカギとなると思います。小さなことの積み重
ねが全国で競う受験生との差をつけることにつながると思います。頑張ってください。


 授業をしっかり聞いて家で復習して定着させる。
 これを毎日続けたら絶対に力がつくと思います。当たり前のことを本気でできる人が最後は勝つのだと知り
ました。

 日々の積み重ねが結果に直結します。予習や課題、定期試験の勉強を軽視しないでください。「やればいい」では成績はちっとも伸びません。まず自分で取り組み、わからなければ調べ、書き写すのではなく自分の言葉でわかるようにアウトプットする練習を積みましょう。センターはそういう人が必ず点を取れるように作られています。


 苦手教科は得意教科になり得ます。好きな科目よりも何千倍も、教科書・問題集がぼろぼろになるまで
勉強してください。伸びしろも大きく、自分の進路に大きく影響します。面倒くさかったり、嫌なことにどれだけ
本気に向かい、愚直に取り組めるかがセンター突破の鍵だと思います。

 最後にうまく点数がとれるのはまじめでひた向きな人です。ポテンシャルは関係ありません。今からの授業もそうですが、部活動など他の様々な活動への姿勢が、そのまま点数に出るなと感じました。


 先生方から提示される課題には真面目に取り組むのはもちろん、それを100%活用しきって下さい。小
さな積み重ねが大きな結果を生むことになります。逆に少しでも妥協してしまったら大事なときに大きなミスを
してしまうかもしれません。

 受験対策は早く始めた者勝ちだと思います。どれだけ周りより早く本気になれるか次第で道は変わってきます。あと、志望校をなるべく早く決めることがとても重要です。色々な大学を調べて、先のことをよく考えて見通しを持ってください。



戻る