学校生活編


 学校生活 編

 このページでは主に学校生活についての悩みに答えてくれています。

 ◆ 遠距離通学って大変では?

 ◆ 新北の行事の魅力って何ですか?

 ◆ 生徒会ってどんな事してるの?やっててよかったと思うことはありますか?

 ◆ 部活はどんな基準で選んだら良いですか?

 ◆ 周りは知らない人ばかり…高校で友達ができるか心配です…。

 ◆ スマホはどのくらい使っていますか?


 それぞれのQ&Aは、スクロールしてご覧下さい。



 ◆ 遠距離通学って大変では?


Y (※電車で通学)大変と言えば大変だけど、逆にそ
れを利用できればいいかも。逆手にとる。ハンデと捉
えるんじゃなくて、自分の持っているものをどう生かす
かだな。

S 車で送迎も勉強できるよね。英単語CDなんかは聞
ける。ずっと流してる。家の人に「変えたらダメなん
か?」って(笑)

一同 (笑)

T CDなんかはすぐ聞けるね。大体皆スマホ持ってるし
ね。(※ミュージックプレイヤーとして活用)

一同 うん

Y 電車は結構勉強できるよ。車って割と揺れるじゃん。

T うん揺れる。

Y 電車はそんなに揺れないから。車だと書けなくない?

S 書けない書けない!だから書かないものを…例えば単語帳とか。あとは遠距離にもメリットはあって電車の発車時間とか送迎の時間が固定される分朝早く起きれるし…

M 生活リズムはできるよね。

T それはうらやましいなあ。起きざるを得ないもんね。

S うん。

Y 1・2年の時に生活リズムを確立させておくと、3年の時に勉強の習慣とかつくから結構良かった。

T (学校までの距離が)近いと自分で(生活リズムを)作らないといけないからね。ただ、近いと逆に移動に気を回さなくて済むっていうのはあるよね。その分勉強できる良さはある。(冬に)帰りの電車が止まるのは辛くない?

Y いや、それは駅からバスも出るから大丈夫!

M 電車の時間に合わせたりってのは?

Y そこまで大変でもないよ。

S 駅で勉強できるし。

Y 思ったほど遠距離は大変じゃないよ。





結論
 ★ 遠距離通学の良さは時間の使い方が上手くなること。
 ★ 自分の置かれた状況を逆手にとって有効活用しよう!





 ◆ 新北の行事の魅力って何ですか?


M 今年も行事盛り上がったよね。

T 頑張ったからね!

Y 新入生歓迎会は盛り上がったね。

T やりたいことやったからね。行事はどーっとくるからね。息つく暇もない感じ。終わったと思ったらすぐくる。

S 準備も意外と短期間でガッと詰め込まないといけないし…

T やっぱりオン・オフなのかね。そこも。一気にやるもんね。

一同 うん

T 「あ、行事だ」ってなったら、わーって行事に行くもんね。行事を通してクラスはすごくまとまるよね。

Y 文化祭は大きくない?文化祭はかなりクラスがまとまる。

T みんなで作るしね。2年の時はあんまりお金をかけないために知恵を出すし、3年は金銭のやりとりをするから社会勉強になる。責任感とか、衛生面とか…。

Y クラスメートの知らなかった一面に気付くよね、結構。

一同 うん

S 意外と文化祭までクラスでまとまってやる行事はないかも。運動会は(組分けが生まれ月ごとの)春夏秋冬だし。文化祭になって初めて深く喋った人もいる。

T きっかけになるね。あとは責任が出るから…自分がやったことがクラスに直結するじゃん。だから達成感がヤバかった!

Y 大変だった…(笑)

T しんどかった…(笑)

S 新北は結構自由じゃないかな?自分達で企画・運営できる。

T あれしなさいこれしなさい、っていう束縛感はない。指図されないから、結果は全て自分達のものだね。自分達で(企画を)出してうまくいった時はすげー嬉しい!出してうまく行くんだな、と。「自分達でやった!」って感じが。それから看板行事と言われる運動会。あれは春夏秋冬(の組み分け)が3年間ずーっと一緒だから!

S 愛着湧く!

M うん、そう!

S 「○組だよね?」っていう会話がその時期になると出てきてね。

M ねー。組のまとまり感がね。

T クラスを跨いでっていうのが面白いよね。





結論
 ★ 行事は生徒主体!自分達で企画・運営するから達成感は抜群!
 ★ 行事をきっかけに交友関係も広がる&深まるぞ!





 ◆ 生徒会ってどんな事してるの?やっててよかったと思うことはありますか?


T (※生徒会役員)生徒会総務は…基本は行事の運営。

Y (※生徒会役員)新入生歓迎会と文化祭…あ、あと運動会の進行…。壮行式はほとんど俺ら(生徒会総務)だね。

T そうだね。あと普段は教師と生徒の橋渡し。生徒の意見をまとめて提案してみたり、逆に教師からの要望を生徒に伝えたり…。あとは学校外との関わりにも。ボランティアとか。

Y やってみて良かったことは…

T やっぱり自分達が主体となって組み立てるから楽しいんだよね。やってる時が。組み立てる時はいろいろな意見の調整が大変だけど、やると楽しい。

S 生徒会総務に属してない人からすると自分達のために頑張ってくれてるんだ、って。文化祭とかそうだよね。企画は生徒会総務が頑張ってやってくれたからあんなに楽しかったわけで…

T あ、楽しんでくれたんだ!良かった良かった!あとは、責任はでかいから成長できる。様々な意見をまとめる(調整する)力はつくかな。

Y うんうん。

T 後々絶対役に立つ!…受験とかね(笑)(※推薦入試の面
接やグループ討論、小論文など)

M そりゃあね(笑)

T キャリアもそうだけど、発表したり、グループワークは得意になる
はず。

Y それが結構強みになるね。

T それからボランティアも参加してみると地域との繋がりで支えら
れてるんだなーと感じる!充実するよ!すごく!





結論
 ★ 生徒会は新北の「縁の下の力持ち」。
 ★ 様々なイベントの企画・運営を通して、他の人と協働する力が磨かれるぞ!
 ★ 支え、支えられ、を実感する生徒会。高校生活が充実します!





 ◆ 部活はどんな基準で選んだら良いですか?


T 両立できるか心配なのかな?基本的にどの部
活でも両立できると思うよ。

Y うん。

T あ、でもやっぱり見学とか、話を聞きに行った方
がいい。

一同 うん。

S 自分は高校から新しい部活を始めたけれど、そ
んなに「ついていけない!」ってことはなかったな。

T 俺は種目が中学校にはないものだったからなぁ。
高校ならではのものをすると、ある意味リセットす
ることになってフレッシュだし、中学から続けてもそ
れはそれでやってみるといい。好きなことをやるの
が一番だと思う。

Y やりたいことだよね。

T 全然思ってもいないようなことを始めるのもアリだよね。

M そうそうそう。

S ウチもそんな感じだから。

T 最初は色々見学に行くのがいいかな?

一同 うん!

S 友達について行くのもアリだね。友達が見たいっていうのを一緒に見たら、「あ、意外といいかも」って。

T 「あれ?面白そうじゃね?」って。

Y 部活はめっちゃ充実させたくね?部活はがっつりやった方が楽しめる。頑張ったことが他のことに活かせる!

一同 うん!





結論
 ★ 部活はやりたいこと・好きなことをトコトンやった方がいい!
 ★ 先入観に囚われず、たくさんの部活を見学してみよう!
 ★ 部活を頑張ることが、部活以外で頑張りたいときに活かせる力に!





 ◆ 周りは知らない人ばかり…高校で友達ができるか心配です…。


S みんなそんなもんだよ最初は。

T 1年の最初の昼休みなんかは面白かったな。

Y □組はめっちゃ静かで、○○君だけめっちゃ喋ってる
みたいな(笑)

一同 (笑)

T 一年次約200名中、同じ中学出身の人なんて多
くて40人くらいじゃない?5人に4人は知らない人な
わけだよ。

一同 ああ(納得)

T 別にみんなそうなんだよ!最初はみんなおんなじだから別に気にしなくても大丈夫だよね。

Y そう、みんなおんなじなんだよ、結局。

T みんな心配してるから、勝手に仲良くなってく。あとは(中学校に比べて)人数が多いから、友達が見つかりやすい!いろんなところから人が集まるから話も広がるし。

M (比較的人数の多い中学校出身だが)クラスに同じ中学の女子が一人もいなくて…

S 他のクラスに集まってるのに…みたいな(笑)

M そう!一人もいなくてどうしよう!と思ったら、他の中学校出身で自分も一人だけ、っていう子がいて、それから(交流や会話が)広がっていったかな。

Y 共通点があるとね。話すきっかけは部活とかいいんじゃないかな。自然と一緒に過ごす時間が増えるし、3年間やってく人だからね。

T ホント何気ないんだよね。授業でグループワークしたら、みたいなのもあるし…

M うんうん。

Y 隣の席になったらちょっと喋れるようになった、みたいな。

T 集会で並んだら、とか。

S ホントさり気ない。朝プリントが送られてくるときなんかに「これ何書くの?」みたいなさ…

一同 うんうん

S そういう、ホント何気ないところでさ。

T そこでだんだん(話題や交流が)広がっていく。

S そうそう!

T 全然心配しなくていいよね。話しかけたらどう思われるかじゃなくて、みんな話しかけてほしいからね。気軽に話しかければ勝手に仲良くなるよ。みんな同じところを目指している人だから話も合うしね。

一同 うんうん。





結論
 ★ 皆不安だからこそ気軽に話しかけてみよう!何気ないところから仲良くなれるぞ!





 ◆ スマホはどのくらい使っていますか?


T 高校生のスマホ事情が知りたいのかな?SNS(LINEやtwitterなど)の使用頻度とか?

S 既読スルーとか、何秒以内に返信しなかったら友達なくすんじゃないかとか?…いやいや…ないな(笑)

一同 うん(笑)

T SNSでの人間関係を気にしすぎるくらいなら、やめておいた方がいいんじゃないかな。

Y 返信を強要したりするような雰囲気はないなぁ。

S ないね。

Y それがないから良いんだよ。

T 友達の様子を見たりとかっていう、SNSの利用頻度は人それぞれかな。どっぷりはオススメしないけど…。LINEは…授業変更された時間割が貼られたりするから必要かな?

S うん、必要。

T ゲームとかは…時間を決めてやるのは難しいよね。本当にどうしようもなかったら、今は機能制限があるから、そういうのに頼っても良いかも。ところで…スマホって手元にないと不安じゃない?

Y …それは依存症じゃね?(笑)

T え?(笑)

Y まぁ、人によるよね。新北生だから全く使わないというわけではない。

T 受験勉強が始まった時に邪魔だなと思ったけど、(貴重品なので)手元にないのは不安だった。だから逆にスマホを勉強に利用したな。勉強時間の記録を使ったり…単語アプリ使ったり。

S それはある。どうしても触っちゃうとき、単語のヤツやると…

T そうそう。

S 意外と勉強に意識が向く。

Y 結構(学習支援系の)そういうアプリあるよね。

T 今便利だよね。科目別の学習時間を記録してくれるヤツもある。だから、「あれ、あんまりこの科目は勉強してないな」ってこともわかる。夏休み中全部アレ使って学習記録つけたな。

Y スゴ!

S 他の人が○時間勉強しましたよって知らせてくれる。
(※高校生が開発したアプリ)

T 同じ志望校の人の勉強時間がわかるっていう…

S そうそうそう!

Y あ、コイツ勉強してんじゃん!てね。

T コイツもうこの分野の勉強してやがる!とかね。焦
る。





結論
 ★ スマホは使い方を間違えるとドロ沼。うまく付き合える方法を考えよう。
 ★ 一方で、使い方次第では情報収集や学習支援など強い味方になるぞ!






戻る