将来編


 将来 編

 このページでは主に高校進学後の進路についての悩みに答えてくれています。

 ◆ 私立受験や公務員試験を希望していますが、対策してもらえますか?

 ◆ 将来やりたい事が見つかりません…。

 ◆ 大学や学部・学科ってどうやって見つけるの?


 それぞれのQ&Aは、スクロールしてご覧下さい。



 ◆ 私立受験や公務員試験を希望していますが、対策してもらえますか?


T ノータッチなんて事はない。公務員組はちゃんと模試
もあるし、講習も…外部から専門の講師を呼んでく
れたんだっけ?

M そうなんだ!

Y 別に公務員じゃなくても…周り見てると特殊な方面
に行く場合でも対策してくれるよね。

T 芸術系とかもね。新北に来て進路に困る事はな
い。

Y 自分の学力で困る事はあってもね…(笑)。指導で
困る事は特にない。

T 結構柔軟だよね、指導は。私立講習あるし。

Y 新北の先生は(勤務年数が)長い人が多いから経験豊富だから…

一同 そうそう!

Y ちゃんと対応してくれるんだよ。

T (進路に関する先生方の)知識はバッチリ!指導が親身だった…担任の先生が面談の時に一緒に情報検索しながら調べてくれたな。

Y 話しながらその都度調べてくれるからね。

一同 そうそう。

M 2年、3年と同じ担任の先生だったんだけど、先々の事を見越して話をしてくれていたし、先輩の資料なんかも全部貰えたから準備しやすかったな。

S 資料って?

M 受験報告書とか…あと大学に送る書類の見本とか。

Y ストックがヤバい(=沢山ある)。過去の蓄積が。

T 俺は(各教科の)個人添削が良かった。一人のために時間を割いてくれるんだよ。

M 毎回丁寧にしてもらった。△△先生が1時間くらいかけてやってくれて、文章とかがおかしい時も(こちらの意図を汲むために)相談しながら直してくれて。ホント丁寧だったなぁ…

Y 俺もして貰った。口頭試問の練習だったけど。口頭試問の練習に○○先生のところに行ったら、「面接は大丈夫なの?」って面接の練習もして貰えた。

一同 へぇ〜!

S 私は入試の時□□先生のお世話になったんだけど、(教科的に)その先生の専門じゃないのに、結構丁寧に(私の志望先の分野について)調べてくれてて。助かった!

T 俺も試験本番に助かった。練習してた内容と同じモノが本番でも出て「マジか、おいおい、やったぜ」って(笑)

一同 (笑)

Y 俺は全然出なかった(笑)。結構難しめのを練習してたから。本番はそんなに難しくなかったかな…。

T やるじゃん!





結論
 ★ 新北は蓄積された様々な情報やノウハウでさまざまな進路に対応してくれるぞ!
 ★ 個別指導が丁寧だ!





 ◆ 将来やりたい事が見つかりません…。


T これはなぁ…(笑)

Y みんなそんなもんでしょ。(高校入試の)面接で言うけど、なんとなく「こんなことやってみようかな」って漠然と方向性がある感じ。高校に入ってからはっきりと見つかってる人、多くない?

T 一番最初から決まっている人の方が珍しいね。高校に入ってから(中学時代の進路希望と)変わる人もいるし、ず〜っと貫いている人も珍しいと思う。

Y けどずっと貫いているのも、それはそれでスゴくい
い。

一同 うんうん

T あれ…Yはずっと貫いて…

Y いや、俺は大きな方向性は変わってないけど、ちょっと変わって薬品を作る方になった。

S 高校3年になってからも、まだ決まってない人もいるよ。

T これはねー。(見つけるためには)何か始めないとどうしようもない。

一同 うんうん。

S 色々行ってみたり見てみたりすることが大事。

T 今はネットがあるからすごく便利だと思う。

一同 うん

T ホントに何気なくWEBとか見てても良いけど、何か「ん?」って思ったものを深く掘り下げてみる。俺はそれがきっかけだったな、今の学問分野に行きたいと思ったのは。2045年問題ってあって、知ってる?

M え、何?

T 人工知能が人間を超えるっていう…「うわ、何だこれ!」って。今調べたらいっぱい出てくる。それで掘り進めて行って「面白そうじゃん」ってなった。

Y 俺は中学校の時の職場体験で、なんとなく薬関係の仕事をしてみたいなって思って。高2で研究室訪問で専門的なことを本格的に調べてやっぱりやりたいなって。

T 研究室訪問はスゴいデカい!

Y 素晴らしい、アレは!

T 専門の研究室に行けるから、そこで自分が調べたいことを突き詰めて考えられるのは大きいね。

S 私は…ちょっと恥ずかしいんだけどドラマとか見て。

一同 あぁ!

Y それもアリじゃね?

S カッコイイ〜!ってなって、そこから興味持って調べて…

T 興味持って調べるのが大事なんだよ!

S 結構そういう話だと色々興味持つのがあって、調べてみてもっと興味が湧いてきてっていうのがあって。

M 私は中学校の時からなんとな〜くこの仕事にっていうのがあって、高校に来たら、結構体験の機会があったから、それに行ったり、公開講座とかにも参加してきたりして、やっぱりこっちの分野に進んでみたいかなっていうのが徐々に決まった、かな?

Y やっぱり、自分から行動してみるのが一番だよね。

T 自分の人生だからね。

Y 友達に聞くってのもアリじゃない?「何なりたいの?」とかさ…

一同 あるある。

Y 部活帰りとかにね。

S 青春だぁ(笑)

Y 俺、よく「お前何の薬作るんだよ」とか言われたわ(笑)

T 俺は被験体になるところだった(笑)

Y お待ちしております(笑)

一同 (笑)





結論
 ★ 将来やりたい事を決めるために、
    まずは自分から様々なことを見たり聞いたり調べたりしよう!
 ★ 多少の進路変更は当たり前。芯を通しつつも柔軟に考えよう。





 ◆ 大学や学部・学科ってどうやって見つけるの?


Y 高校入学時点なんて東大と東北大くらいの有名ドコロしか大学の名前なんて知らなかった。

T 本当そんなもんだよね。

S あと地元の山大とか。

一同 そうそう。

Y 入学時点で決まってる人なんかもいるから、「ちょっと一緒にオープンキャンパス行こうぜ〜」みたいにして知るっていうのもあった。

T 模試で(判定を見るために志望校を)書く時、調べざるを得なかった。

一同 うん。

T 具体的な大学の名前が出てくるのは高2の冬くらいかな?そこまでに何となく進路の方向が決まってないとやっぱりマズい…担任の先生が面談で、こういうことをしたいならこの大学、って情報をくれるけど、やりたいことが決まってないと大学名も出てこない。

Y 何となく決まってれば結構先生が(大学・学部・
学科を)知ってるからね。

T 先にやりたいことを決めた方がいいかな。

一同 うん。

Y  いっぱい大学はあるから。

T 高校入試の時の面接の時に聞かれた時どうすればいいか、って事なら中学の先生に相談するのが良いかも。俺、冊子貰ったかな?

Y 高校入試の面接は聞かれた事に対してきちんとした言い回しで答えられるといいんじゃないかな?わからないのに無理して取り繕ってもね。(面接で)しゃべりたいんだったら調べよう。





結論
 ★ やりたい事が決まっていれば、
    大学や学部・学科は面談やオープンキャンパスで見つかるぞ。
 ★ 面接練習をきっかけに将来のことを考えるのもアリかも?











戻る