山形県立新庄北高等学校 

H27年度7月のアルバム  北高の魅力をご紹介します!






一学期終了!夏休みへ向けて…

2015年7月24日


 クラスマッチの興奮冷めやらぬ翌日の7月24日、1学期の終業式が行われました。
 思い返せばあっという間に1学期も終わりを迎えます。しかしその短い期間の中に、北高生の様々な活躍があり、成長がありました。
 夏休みを目前に、校長先生から江戸時代の儒学者広瀬淡窓の言葉「鋭きも鈍きも共に捨てがたし 錐と槌とにつかいわけなば」を引用したお話がありました。人は皆得手不得手(個性=天与の花)があり、それを磨き高められる人間になって欲しい、そして現状に満足せずさらに不得手な部分をも自分の力とできるように夏休みという機会を活かしてチャレンジしていこうという力強い激励が込められたメッセージでした。同時に、生徒会よりいじめ防止スローガン「いじめはまじめにみじめだよ」が発表されました。これは先日のLHRでクラス毎に話し合って決められたクラススローガンの中から、生徒会が北高のスローガンとしてふさわしいものを選んだものです。錐も槌もそれぞれの良さを活かしながら高め合える北高であり続けられるよう、夏休みに大きく成長して元気な顔を見せてくれる事を期待しています。

表彰式と強化指定選手の指定授与。


校長先生から夏休みへ向けて新北生へメッセージ。


生徒会よりいじめ防止スローガン発表。


二学期、成長した姿でここに集いましょう!

 






激闘クラスマッチ!深まった絆!

2015年7月22日、23日


    祝・総合1位  3年3組!!   

総合2位 3年1組
総合3位 3年2組

    男子バレーボール1位   2年1組
    男子バスケットボール1位 3年2組
    男子ソフトボール1位   3年3組
    女子バレーボール1位   3年2組
    女子バスケットボール1位 2年4組
    女子ティーボール1位   1年1組
    大縄跳び1位       2年4組(26回)

 ノウゼンカズラの鮮やかな花が青空に舞う7月下旬、2日間に渡りクラスマッチが開催されました。
 クラスマッチは数ある新庄北高校の行事の中でもビッグイベントに分類されるもののの一つです。以前6月のアルバムでご紹介した大運動会は生まれ月によるユニークな組分けでしたが、今回はその名の通りクラス毎に優勝を巡って7つの競技を行います。もちろん、先輩後輩関係なしの真剣勝負です。3年生は流石に強敵ですが、上記の結果からもわかるように、作戦やクラスの団結次第では下級生も十分優勝を狙えます。このクラスマッチに向けて作られるクラス毎のTシャツ、高校生らしいダイナミックなプレー、何が起こるか分からない試合の展開等、見所満載の行事です。しかし何よりも魅力的なのは、競技や応援を通じて最も身近な存在であるクラスメートと心を通わせ、その絆を確固たるものにできる事でしょう。
 北高の夏を彩ったクラスマッチの様子をご紹介します。


3年生(黄色)と1年生(橙)。互いに一歩も譲らない!


女子ティーボール。ルールはソフトボールと似ています。


女子バスケットボール。試合の展開が早い!


女子バレーボール。チームで心をつないで…!


男子ソフトボール。一瞬たりとも目が離せない!


男子バスケットボール。スピーディー且つダイナミック!


男子バレーボール。スパイクとブロックの応酬が見所!


大縄跳び。30人の呼吸と心を一つにしてジャンプ!


仲間の活躍にクラスメートも眩しい笑顔!


喜びを分かち合う一体感こそクラスマッチの醍醐味!

 翌日の7月24日、一学期の終業式に先立ってクラスマッチの表彰式が行われましたが、どの生徒も心の底からクラスマッチを楽しんだという満足げな表情をしていました。講評として校長先生より、一生懸命取り組むからこそ楽しさが得られるという事が語られました。クラスマッチで全力投球することの楽しさを再認識した新北生の皆さん、深まったクラスの絆を武器に、これからも何事にも全力主義で向かっていきましょう!

★ 「クラスマッチ特設ギャラリー」を開設しました!
沢山の写真を公開しております。是非ご覧下さい。

  →特設ギャラリーへは こちら からどうぞ!









甲子園予選全校応援!北高の誇りは永劫消えず!

2015年7月18日


 7月18日(土)に、天童市民球場にて夏の甲子園予選の3回戦が行われました。台風の接近により順延が心配されましたが、新北旋風のおかげか無事予定通り全校応援を行うことができました。相手は春の大会でベスト4入りを果たした強豪・酒田光陵高校ですが、新北野球部も日々の練習を通して己の技と力を磨いてきました。全校生が見守る中、戦いは始まりました。


天気は曇り。しかし青空の心と笑顔でいざ出陣!


試合の行く末を全員が固唾を呑んで見守ります。


強豪相手に、キレのある投球と守備。


選手たちの好プレーに会場のテンションも上がります!


力の限りプレーする選手に、声の限り応援!


9回表。この1点は反撃の狼煙!


さらに1点!新高音頭を歌う全校生徒の心は一つ!


酒田光陵へ返礼のエール。互いの健闘を称えて!

 結果は3−6で巻き返しはなりませんでした。しかし、選手たちは持てる力を限界まで試合にぶつけてくれました。
全力の果てに手にしたものは、人間として大きく成長する糧となり、そして生涯の大きな財産となってくれるはずです。
 会場は遠く離れた天童でしたが、多くの保護者・同窓生の方や地域の方々がお越し下さり、力強い声援を送って下さいました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。声援に応えるが如く、9回表に最後の食らいつきを見せてくれた新北野球部の雄姿には、誰もが胸の高鳴りを感じたのではないでしょうか。
 戦いは終わりました。されど誇りは永劫消えず!
 また北高の歴史に新たな1ページが刻まれたのでした。


追記:戦いの陰に…
 夏の甲子園は、球児たちの夢の舞台。
 大会に青春をかける彼らの陰の物語を少しだけご紹介します。

朝7:30。威勢の良い声の正体は応援練習でした。


マネージャーの手作り折り鶴。この一字が部を象徴。

 本校の野球部は、礼儀正しい事はもちろん、行事の度に率先して準備や撤収にあたる等、まさに縁の下の力持ちの役割を買って出てくれる頼もしい存在です。全校応援の際も手作りのプリントを配り、応援団員と連携して全校生に丁寧に指導を行ってくれました。それ故に応援する側も心の底から気持ちよく応援したくなります。この試合を境に新体制に突入した新北野球部ですが、彼らならきっと新庄北高校の新たな歴史を刻んでくれることでしょう。
 






甲子園予選1回戦快勝!

2015年7月12日


 7月12日(日)に新庄市民球場にて甲子園予選の第一回戦が行われました。
 初戦の相手は興譲館。まさに絶好の野球日和とも言える蒼天の下、戦いの火蓋が切って落とされました。


たくさんの人が応援に駆けつけて下さいました!


試合開始!我が新高の意気高し!


炎天下の暑さに負けない、熱い応援!


我らが新北野球部の好プレー!


頑張る野球部の姿に笑顔の花が咲きます!


高らかに響く新高音頭!一体感に包まれる会場。

 2回裏、興譲館に4点入れられ同点になるなど、相手チームにも一筋縄ではいかない強さがありました。しかしホームグラウンドである事も手伝ってか、結果は12対5の8回コールド勝ち。見事快勝です。
 当日は有志応援にも関らず、多くの生徒が駆け付けました。また、炎天下の中、沢山の保護者・同窓生の皆様、そして地域の皆様が足を運んで下さいました事をこの場を借りて御礼申し上げます。
 夏の陣はまだ始まったばかりです。今後とも熱い声援をよろしくお願い申し上げます!







友よ強かれ!壮行式!

2015年7月2日


 いよいよ夏の大会シーズンを迎えました。甲子園予選に向かう野球部と、全日本吹奏楽コンクール地区大会に出場する吹奏楽部を激励すべく、壮行式を行いました。各部の部長から、「応援してくれる方の期待に応えたい」、「日頃の練習の成果を存分に発揮したい」、と頼もしい決意表明が述べられました。また、壮行式終了後に吹奏楽部の演奏『中国の不思議な役人』を全校生徒で鑑賞しました。


甲子園予選に臨む野球部!


地区大会を控えた吹奏楽部!


応援団のエールで気持ちを一つに!


有志激励のコント。笑いで緊張をほぐします。


恒例となった3学年担任団の寸劇による激励!


最後は吹奏楽部の演奏を皆で鑑賞しました。

 見さっしゃれ!我が新高の意気高し!
 皆様の応援、よろしくお願い申し上げます!







学校行事のページに戻ります