山形県立新庄北高等学校

H28年度6月のアルバム  北高の魅力をご紹介します!






善戦全笑の大運動会!北高の誇り、ここにあり!

2016年6月18日


       祝・春組三連覇!!      

 今年も新庄北高校伝統の大運動会が催されました。
 生徒達の熱気が最高潮に達したためか、当日は梅雨空を吹き飛ばし晴天に恵まれました。30度近い気温にもかかわらず多くの保護者の方や地域の方にお越し頂き、誠にありがとうございました。
 新庄北高校の大運動会は、生まれ月によって春夏秋冬の4つの組に分かれ、各組が優勝をかけて熱戦を繰り広げます。そのため年次やクラス、部活動といった枠組みを超えて協力し合い、仲間の活躍を心から喜べる関係を築くきっかけとなっています。目玉競技である百足リレーでは、今年も組を超えて全校生徒が最終走者とゴールまで併走し、温かい声援を送る姿が見られました。
 今年の大運動会も長い歴史に恥じない素晴らしい成功を収めることができました。
 大運動会の様子を写真と共にご紹介します。


最初の競技・二人三脚!呼吸を合わせてGO!


綱引き。渾身の力を込めて…!


長縄跳び。心を一つに空高くジャンプ!


バラエティーリレーの飴探し。やっと見つけた!


女子騎馬戦。頭脳プレーで追いつめます。


男子騎馬戦は流石の迫力!熱く、パワフルに!


仲間の活躍に笑顔の花が咲きます。


組を超えて応援する姿も。


各組らしさの出る応援合戦。趣向を凝らして勝負!


応援合戦を制したのは春組!


白熱の男女混合リレー。接戦に目が離せない!


北高運動会の代名詞、百足リレー!


最終走者と全員で併走!ゴールの感慨はひとしお!


栄冠を手にしたのは春組!驚異の三連覇です!!

 大運動会は、文字通り北高の行事の中でも特に大きなイベントです。
 その実施の陰には運動会実行委員や各組幹部、各種役割分担を担ってくれた仲間たちの、地道で綿密な準備があります。また、砂埃を抑えるべく競技の度にグラウンドに水をまいてくれたり、勝利の歓声に会場が沸く中、競技用具を片付け、次の競技の招集・点呼をしてくれたりと、縁の下の力持ちの存在によって円滑な運営が成り立っています。さらに、保護者の方々は運動会練習に疲れて帰ってきた我が子を家庭で温かく支えて下さいました。炎天下の中本校にお越し頂いた地域の方々は、選手たちに熱い声援を送って下さいました。
 こうした一つ一つの力があってこその、大運動会成功です。
 多くの人々が心一つに協力し、物事を成し遂げ、笑って喜び合える事こそが北高の誇りです。
 この場をお借りして、お力を貸してくださった方全てに、厚く御礼申し上げます。
 今後とも、新庄北高校をよろしくお願い申し上げます。






課題研究中間発表会を行いました。(2年次)

2016年6月9日


 本校では1年次に地域の課題を学ぶ「地域理解プログラム」を実施し、社会のニーズを踏まえた上で、2年次では自分の興味関心のある学問分野と関連させて一人一人が課題研究を行っています。似た学問分野の研究を行っている生徒同士でグルーピングを行い、全員が発表を行った後、仲間に推薦された、特に優れた研究を行った代表者22名が、課題研究の現時点での成果とこれからの研究の展望について全体発表を行いました。聞く側の生徒からも質問や意見が飛び出し、発表する側も聞く側も自分に足りないものや研究の奥深さに気付くきっかけとなったようです。


発表者は研究の要旨をスライドショーで説明しました。


現時点での成果と今後の展望を端的に。


昨年度の地域理解プログラムの内容を発展させた例。


シンポジウムに参加して知見を深めてきた生徒も。


発表内容に対し質問。違った視点が得られます。


教員から専門的な質問がなされる事も。

  今回発表に臨んだ代表者の研究テーマは こちら からご覧下さい。(PDF形式)


 この後、中間発表会に臨んだ代表者のうち希望者は、夏休み期間中に県内に限らず自分の研究テーマに合った大学等の研究室を訪問し、専門的な指導を受け研究内容を深化させます。最終的には研究室訪問の成果をまとめ、ポスターセッションを行います。

 ◆ 大学研究室訪問成果発表会 10月21日(金)

 また、こうした取り組みを通して、一人一人の進路意識や学問への関心を高めると共に、課題解決能力や探究的な姿勢を備えた人材を育成することを狙いとしています。

本校が目指す進路指導のイメージ

1年次
地域理解プログラム
 地域や社会が抱える課題の把握 協働して課題解決する姿勢の育成
 未来の地域社会を担う当事者意識の醸成
▼

2年次
課題研究・大学研究室訪問
 社会の課題と個人の興味関心の関連付け 高度な学びへの意欲喚起
 課題解決能力や探究的な姿勢の育成
▼

3年次
進路希望実現に向けての研究
 高い志と目的意識を持った志望先の選択
 AO入試や推薦入試、小論文、面接等の多様な入試への対応
▼

卒業後
高度な知識や技術の習得  未来の地域を担う人材として活躍

 HP上でも、課題研究(研究室訪問)の今後の活動について随時お伝えしていく予定です。ご注目ください。







演劇放送部第26回定期公演を終えて 

2016年6月4日


 6月4日(土)に新庄市民文化会館大ホールにて本校演劇放送部の第26回定期公演が行われました。今年の演目は、県立酒田東高等学校演劇部作「月迷宮」でした。第18回定期公演でも上演したことのある台本です。同じ台本でも演出の仕方が違うと、また新たな作品が出来上がるのが演劇の面白いところです。
 今年は地区高校総体と日程が重なり、運動部関係の皆様にはご来場いただくことができませんでしたが、応援のお言葉をたくさんいただきました。また、ご多忙のところ文化会館に足を運んでいただいた皆様、さらに開催を支えていただいたスポンサーの皆様にも心から感謝申し上げます。鑑賞後にご協力いただいたアンケートの内容を参考にして、これからも部員一同力を合わせて、より良い演劇作りに情熱を注いでいきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。


学校にまつわる七不思議にはある秘密が…


満月の夜の虚構の世界を色彩豊かに演じました。


幻想的な「狐の嫁入り」シーン


舞台挨拶。3年生にとっては最後の舞台でした。

 ご覧頂きどうもありがとうございました!







音楽部定期演奏会を終えて 

2016年6月4日


 6月4日(土)、新庄市民プラザにて、音楽部の定期演奏会が行われました。昨年に引き続き新庄北高最上校「木と音の会」と合同での演奏会で、合唱、ヴァイオリン、手作りハープなどの様々な音色が新庄の街に響きました。3年生には集大成となった今回の演奏会では、顧問2名を含めた音楽部全員での合唱や、難しい弦合奏にも挑戦しました。また、有志演奏では2年生、3年生がそれぞれ合唱や弦合奏でこれまでの練習の成果を発揮し、音楽の楽しさをご来場いただいた皆様にもお届けできたと思います。当日ご来場いただいた皆様、そして日頃から音楽部を支えていただいている皆様、本当にありがとうございました。



生徒の伴奏に合わせて合唱


音楽部全員での“Oh Happy Day!”


音楽って楽しい!!


2年生の有志演奏の曲は生徒が編曲しました。


3年生による有志演奏。美しいハーモニーが響く。


ジャズの音色にうっとり…。







紫陽花茶会(茶道部)

2016年6月1日


 6月1日(水)「紫陽花茶会」が開かれました。1年生にとっては最初の、3年生にとっては最後のお茶会です。先生方は、お茶とお菓子を笑顔で受け取って下さり、とても嬉しくあたたかい気持ちになりました。いつもお世話になっている感謝の気持ちを少しでも伝えられたのではないかと思います。お客様をもてなす気持ちを大切に、これからの部活動を頑張っていきます。



大和撫子がおもてなし!


季節感溢れるお菓子も楽しみの一つです。


先生方一人一人にお茶を振舞いました。


裏方ではお茶の準備。良い香りが漂います。


 


学校行事のページに戻ります