山形県立新庄北高等学校

H28年度4月のアルバム  北高の魅力をご紹介します!






前期生徒総会開催

2016年4月28日


 創立記念講演会が催された午後、開場を同じくして体育館にて前期生徒総会が開催されました。
 予め議案書を元に各クラスで審議を行い、生徒会や委員会、学校への質問や要望をまとめた上で代表者が発言を行い、担当者が答弁を行いました。


全校生が一堂に会して意見を交換します。


学校の活動をよりよくするための質問や要望も。

 生徒総会開催のために、放課後生徒会役員が議案書の綴じ込み等の地道な準備を行ってくれていました。
 活発な意見交換ができるのは、こうした裏方の仕事を担ってくれている人たちのおかげです。
 
 肌寒い一日でしたが、学校を良くしたいという新北生の心の熱さが見られる生徒総会でした。






創立記念講演会を催しました。

2016年4月28日


 新庄北高校は4月13日で創立116周年を迎えました。
 毎年、創立を記念して本校卒業生をお招きし、後輩達に様々な講演を行って頂いております。今年度は株式会社森環境技術研究所代表取締役社長 森雅人氏より、『泥のお話』という演題でご講演頂きました。
 「泥棒」「人の顔に泥を塗る」等の言葉に代表されるように、泥というものはあまり良いイメージの無い言葉です。森氏は「ボンテラン工法」を開発して泥(ヘドロ)を堅固な地盤として再資源化することに成功し、昨年度11月には「第6回ものづくり日本大賞」(経済産業省主催)で経済産業大臣賞を受賞するという快挙を成し遂げました。講演では、まさに泥の研究という泥沼にどっぷりとはまり込み、試行錯誤を繰り返して研究・開発した過程や情熱を語って下さいました。高校レベルの内容の確実な習得が研究の土台となるなど、高校時代の学習の大切さについてもお話し頂きました。
 これまで誰も目を向けなかった泥に着目して新たな活路を見出した物語から学ぶことは非常に多くあります。講演を聞いた新北生が心に響いたこと、興味を持ったことを大切に温めて、いつか大きく羽ばたかせてくれることを期待しています。
 お忙しい中ご講演頂きました森雅人氏には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。


泥が奥深いものだと気付かせてくれました。


現場の経験から課題や疑問が生じたそうです。


研究の内容を丁寧に説明して頂きました。


泥に対する見方が変わった人もいるのでは?







公開授業を行いました。

2016年4月23日


 PTA総会に合わせ、公開授業を行いました。
 新庄北高校は授業第一主義を掲げ、学ぶことに興味・関心を抱きつつ、確かな学力が身に付くよう各教科・各教員で工夫した授業を行っております。そんな新庄北高校の授業と生徒の学習活動の様子をご紹介いたします。



1年次の国語。作文の内容をクラスに還元。


1年次の英語。ペアワークで音読しています。


1年次の世界史。地図を塗って理解を深めます。


2年次の英語。ALTとアクティブに!


Google Earthを画面に映した3年次の地理の授業。


隣の席同士で教え合い。学習を深めます。


3年次の数学。グループで解法を探っています。


2年次の日本史。歴史の謎を史料を用いて考察。

 このように、一斉講義型の授業だけでなく、協働的な学習活動や、自分で考えて答えを導くような活動にも力を入れています。
 当日はPTA総会も含め沢山の保護者の方にご来場頂き誠にありがとうございました。
 今後とも新庄北高等学校の教育活動へのご理解とご協力をお願い申し上げます。






PTA総会を開催しました

2016年4月23日


 桜の花が咲き誇る中、PTA総会が開催されました。
 生徒会長よりボランティアや学校アンケート等の生徒会の取り組みについて紹介の後、平成27年度のPTA活動や学校の教育活動が報告されました。
 役員改選では、前年度のPTA会長より子が巣立つ寂しさや感慨深さ等が語られました。前会長のご尽力に敬意を表して表彰状や感謝状等が送られた後、新しい役員が任命されました。
 平成28年度事業計画・予算審議の他、規約の一部改正、緊急連絡メール配信サービスの利用、本校の目指す学校像等について説明がなされました。また、先日の熊本地震に対し、前PTA会長から臨時で募金を呼びかけたところ、沢山の方々にご協力頂き、合計22,591円の志が集まりました。この場をお借りして心より感謝申し上げます。(一般社団法人全国高等学校PTA連合会の指定口座に4月26日振り込み済みです。)
 出席率は66.6%と、バスケット・陸上競技・ソフトテニス・剣道等の大会と重なったにもかかわらず沢山の保護者の方に出席して頂くことができました。関心の高い保護者に支えられてこそ充実した教育活動を展開できるのだと実感した次第です。
 今後ともぜひ学校に足をお運び下さい!


沢山の方にご出席いただきました。


生徒会長より活動紹介。やや緊張気味です。


前PTA会長へ、感謝を込めて…。


熊本地震への募金活動。沢山のご協力に感謝!







新入生歓迎会が行われました!

2016年4月15日



 新庄市民文化会館にて新入生歓迎会が催されました。
 新入生に新北を知ってもらおうと先輩が奮闘しました。
 音楽部・吹奏楽部・演劇部の舞台発表は、非常に完成度が高く会場全体を魅了しました。
 生徒会の寸劇による学校生活の紹介もとてもユーモラスでした。
 部活動紹介では各部が工夫を凝らして自分たちの部活をアピールしました。
 新入生もこれで緊張が解けたのではないでしょうか。
 素晴らしい新入生歓迎会でした!大成功です!


音楽部の美しいハーモニーで開幕。


弦楽器の音色で会場を魅了します。


大迫力の吹奏楽部。


練習の成果を発揮します。


先生も負けていられません!


会場もノリノリです。


各部の個性を活かした部活動紹介。


この完成度の高さ。素晴らしい。


生徒会による寸劇。


演劇部の発表『星生む空にウサギの星を』。


役に入り込んでいます。


演劇部の世界に思わず引き込まれます。


吹奏楽部のもう一つの顔。マーチングバンド。


一糸乱れぬ隊列!


新入生の緊張もほぐれたようですね。


新入生とは思えないほど立派なお礼の挨拶です。

 追記
 新庄市民文化会館までの移動中、新北生が横断するまで停車してお持ち頂き誠にありがとうございました。
 地域の皆様に支えられての新北なのだと実感した次第です。
 今後とも何卒新庄北高校をよろしくお願い申し上げます。






応援歌練習!誇りを持って校歌を歌おう!

2016年4月11日〜14日


 今年度も伝統の応援歌練習が始まりました。
 これから様々な行事や大会が始まりますが、全校生が心を一つに堂々と校歌・応援歌を歌えるようになる事が目的です。
 新入生が短期間で歌えるようになるために、応援団からスパルタ指導(!)が入ります。


まずは応援団が手本を示します。


続いて2・3年次生。先輩にも容赦ありません…。


そして新入生。覚えてきた歌を必死に歌います。


応援団から何度もダメ出しが飛び出します。


限界まで声を振り絞ります。頑張れ!


厳しい眼差し。全員ができるまで…


そして全校生徒で歌い上げた校歌は最高の出来。


練習終了後、先輩から明かされた真意に安堵。


厳しい指導をしている彼らにも苦悩はあったのです。


毎回前奏を吹いてくれたこの二人にも拍手を。

 今年度の応援団長は、新北生が誇りを持って校歌を歌えるようにしたいと公約を掲げて立候補してくれました。その経緯も含め、応援歌練習終了後に全校生徒にお礼と胸の内を語る姿に頼もしさを感じます。
 辛い練習の果てに歌い上げた校歌は、一人一人の声量が十分に出ていたことはもちろん、厳しさに耐え抜いた自分への自信と誇りがにじみ出ていたように思います。これからの高校生活、時には壁にぶつかって嫌になったり挫けたりすることもあるでしょうが、きっと乗り越えていける忍耐力や負けない気持ちが身についたのではないでしょうか。



新北の誇りを胸に。熱いハートの応援団の皆さん、ありがとう!

 






春の交通安全指導とあいさつ運動を実施しました。

2015年4月8日、11日、12日


 新学期の開始に合わせて、春の交通安全指導が行われました。
 また、昇降口では生徒会が中心となってあいさつ運動が行われ、新北の仲間達に学校生活のマナーの啓発を行いました。



安全に気をつけて登校しよう!


生徒会のあいさつ運動。凛とした空気が漂います。


自転車のマナーも優しく指導。


爽やかな一日は爽やかなあいさつから!

 早朝の寒さにもめげず、毎朝明るい挨拶をしてくれた生徒会の皆さん、ありがとうございました。
 良い習慣が良い結果を生みます。
 今年度も1年間、マナーを守って自分も他人も幸せにできるような生活を送ってくれることを期待しています。






チーム一丸!仲間づくり!(1年次)

2016年4月8日


 入学式翌日にして行われた新入生課題テストも終わり、新北での生活が幕を上げました。
 ほっと一息ついてリラックスしたところで、早く仲間達と打ち解けられるように、年次行事が行われました。



ペアを作ってお互いの信頼感を育てます。


目をつぶり、ペアの人の声を頼りに歩きます。


ぶつからないように気をつけて!


クラス対抗大縄跳び!声を出す作戦の1組。


2組。出会って1日の結束やいかに!?


4組。跳ぶ方も回す方も大変です。


5組。惜しい!あともう少し!


3組。だんだん揃ってきた!?

 クラス対抗大縄跳びは、他4クラスに差をつけて3組が優勝しました。短時間の練習でしたが、見事です!
 他のクラスも、出会ったばかりであることをものともせずにリーダーシップを発揮してくれる人がいたり、進んで役割を引き受けてくれる人がいたりと、自然とそのクラスならではの協力体制が出来上がっていたようでした。
 今年度の一年次のスローガンはチーム一丸!
 これからどんなクラス、そして年次集団になるか楽しみですね。



 そして、年次行事の中にはこんな場面も見られました。



年次主任の先生が優しくレクチャー。


手帳を見ながら練習しているのは校歌!

 来週から始まる応援歌練習に備えての練習でした。
 新入生の皆さんの練習をバックアップすべく、HPでは校歌をはじめ、応援歌等を公開しています。
 校歌を自信を持って歌えるように、しっかり練習し、名実ともに新北生になってくれることを期待しています。







期待の蕾膨らむ。入学おめでとう!

2016年4月7日


 新入生200名が晴れて新庄北高校に入学しました。
 担任の先生に率いられて式場に姿を現した新入生は、緊張しつつも新しい生活への期待に胸を膨らませているようでした。
 新入生代表挨拶では、自らの道を切り拓くための学習、心身を成長させるための部活動、そして仲間を大切にすることを頑張りたいと、高校生活への決意が語られました。



頼もしい担任の先生に率いられ、最初の一歩。


新入生を歓迎する気持ちを込めて。上級生の校歌。


担任の先生の呼名に合わせて返事をします。


初々しい新入生たち。これからの成長が楽しみです。


期待半分、緊張半分?


校長先生より、新北の新しい仲間への激励。


同窓会会長より、高校生活へ3つのアドバイス。


新入生代表挨拶。高校への期待と決意。


担任団の紹介。チーム一丸でサポートしていきます!


初めてのHR。高校生活を充実させるために…

 今日の天気は雨。大地を潤し豊かな実りをもたらしてくれる恵みの雨です。
 奇しくもこの年次の年次カラーは水の色である青。
 新庄北高校で様々なシャワーを浴びて逞しく成長してくれることでしょう。
 新入生の皆さん、まずは高校生としての自覚を胸に、新庄北高校での生活に慣れ、自分にしか咲かせられない花を咲かせていきましょう。




追記:

 新入生を迎えるにあたって、進級した先輩達が丁寧に式場の準備を行ってくれました。


隙間なくモップをかけているのは昨年度の新入生。


式場のシートも協力して敷いてくれました。


教室にはこんなサプライズも?



 特に、初めて後輩を迎える2年次生は知らず知らずのうちに気合が入っていたようです。
 肌寒い一日でしたが、先輩の心遣いが温かな灯となりました。








新しい風を迎えて。新学期スタート!

2016年4月7日


 本日より新学期です。
 3月には11名の職員と名残惜しい別れを経験しましたが、今年度新たに10名の職員を迎えてのスタートです。
 2年次、3年次では新クラス、新担任も発表され、学校全体が新鮮な空気に包まれています。
 始業式では校長先生から新北生に対して「なぜ勉強するのか?」という問いが投げかけられました。勉強する理由は人それぞれ異なり、また、絶対的な理由もありません。校長先生はこの後、苫野一徳(とまのいっとく)さんの言葉を引用して自由に生きる力を身につけるために勉強するのだと話してくださいました。そして、学校で学ぶ内容に加えて、社会に出た時に自ら新しいこと・必要なことを学んでいく力を身につけること、“してもらう幸せ”から“してあげる幸せ”へと成長すること、一人一人の力が高まることで全体の力が高まり、その全体の力が個人をさらに育てることなどが語られました。新年次という新しいステージに上がった2、3年次生へ期待を込めてのメッセージでした。


年次も上がって成長した新北生が一堂に会しました。


新任式。新しい職員の方はどんな方なのでしょうか?


校長先生の問いに対して新北生は…


生徒会認証式。気持ちも引き締まります。

 今日この日から新庄北高校で過ごす一年が始まります。
 今年度、新北生はどんな活躍をし、新庄北高校にはどんなドラマが生まれるのでしょうか。
 新庄北高校HPでは今年度も新庄北高校の様々な活動をレポートしていきます。
 昨年度から御愛読頂いている方も、初めてご覧になった方も、どうぞお楽しみに!

 





学校行事のページに戻ります