山形県立新庄北高等学校 

H28年度1月のアルバム  北高の魅力をご紹介します!






いざ出陣!センター試験!(3年次)

2017年1月14日、15日


 ついにセンター試験本番の日がやってきました。
 厳しい寒波で大雪が降り、二日目に至っては奥羽本線が一時停止しました。しかし、保護者の方の支えもあり、無事に受験予定者全員が会場の新庄神室産業高校に集まって試験を受けることができました。


開場を待っている時間も有効活用します。


あの先生のメッセージはどこだろう?


いよいよ開場!駆けつけた先生方と握手&ハイタッチ!


先生からたっぷりエネルギーを貰います。


握り返す手の力強さが頼もしいです。


「今までありがとうございます!」その一言が成長の証。


あとは今までの頑張りの成果を発揮するだけ!


努力は確実に自分の力になっているはず!


「大丈夫!伸びてきてるぞ!」心強い一言。


あったかい想いの詰まった保護者からの寄せ書き。


こちらは職員のもの。会場でも見守っていますよ!


休憩・水分補給がてら会えるのも地元の強み。

 沢山の方のご尽力のおかげで、地元でリラックスしながらセンター試験を受験できることも新庄北高校のメリットです。センター試験はあくまで通過点。とはいえ、センター試験の点数によって出願できる選択肢が変わるので第一関門とも言えます。
 今年の3年次生は持ち前の明朗快活さ故か、試験本番もさほど緊張せず、皆雪の結晶のようなキラキラした笑顔で会場に入って行きました。入場前の心境を尋ねたところ、ある生徒は「やるべきことをやったのであとは本番で力を発揮するだけ」と頼もしいコメントを残してくれました。第一関門のプレッシャーにも負けない、強い精神力を身につけていたようです。
 未来へ向け、試練すらも糧として成長しようとする新北生の応援をよろしくお願い申し上げます。


追記(2月15日執筆):
 センター試験終了後、3年次生が後輩たちに向けてアドバイスを書いてくれました。
 今の3年次生も、前年の先輩達のアドバイスを励みに切磋琢磨してきましたが、頑張るノウハウを継承することを「恩送り」と捉え、短いメッセージの中に後輩の未来を思いやる熱い想いを込めてくれています。

 先輩達のメッセージの一部をご紹介するページを新設しましたので是非ご覧ください。
こちら からご覧下さい。


 




誇りを胸に!センター試験激励会!(3年次)

2017年1月13日


 明日はいよいよ第一関門・センター試験です。
 激励会では、試験を控えた3年次生に対し、当日会場で注意すべきことや受験後の動きなど、具体的なアドバイスが贈られました。また、前向きに本番に臨めるよう、担任団を始めとする先生方や先輩・後輩たち、そして既に進路が決定した同級生が様々な形でエールを送りました。


当日の注意事項の説明。確認が安心に繋がります。


願いを込めて達磨の目入れ。


クラス代表による決意表明。士気を高めます。


「今まで頑張ってきたことは無駄にならない!」


応援団からエール!北高魂を背負って!


後輩達からのビデオメッセージ。歓声が上がります。


進路が決まった人たちから縁起物のお菓子を贈呈。


「頑張って来いよ!」笑顔と握手で激励!


担任団の寸劇&ダンスはいつもながらハイクオリティー!


最後はやっぱり、エール!

 先に進路が決まった生徒から仲間達へ贈られたメッセージが印象的でしたのでご紹介します。

 私は今教室の一番後ろの席に座っていますが、どんな時も集中して勉強している皆の姿が本当にカッ
コいいと思いました。私は
(センター試験後は自由登校期間が始まるため)この新北で受ける授業は最後に
なります。皆と一緒に勉強に励めたことを本当にうれしく思います。

 私にできることは皆への感謝の気持ちを込めて応援することです。明日は頑張ってきてください!

 この日まで自分の夢が実現した瞬間である「最高をイメージし」、なりたい自分になるためもがきながら前進してきました。万が一の「最悪を想定し」、三者面談や出願シュミレーションを行って、高く飛ぶためのセーフティーネットも準備しました。
 あとは当日、この日を無事迎えられたことへの感謝を胸に「最善を尽くす」のみです。
 激励会終了後、何人かの生徒に今の気持ちを尋ねたところ、こんなコメントを残してくれました。

 なるようにしかならないので余計な心配をせずやるべきことをやるだけです。行ってきます。

 やるだけのことはやった。あとは自信を持ってやるだけ。楽しんできます!

 緊張しているかと思いきや、試験に向けて気合に満ちつつも落ち着いた心境のようでした。
 練習は本番のように。本番は練習のように。
 新北生は最後の1分1秒まで伸びます。最後まで諦めずに、Progress!

 



学校行事のページに戻ります