山形県立新庄北高等学校

H29年度9月のアルバム  北高の魅力をご紹介します!





地元の現状は?地域課題講座(1年次)

2017年9月6日


 9月6日(水)に、1年次生を対象に地域課題講座が行われました。
 本校では取材を通して地元の現状を体感し、高校生ができる解決方法を考える取り組みとして、地域理解プログラムを実施しております。
 今回はその導入として、興味関心や進路希望を踏まえ、11分科会に分かれ、最上総合支庁より講師を招き、地域が抱えている課題と現状について学びました。


【地域課題講座 分科会一覧】
第 1分科会 「これからの自治体職員に求められるものとは」
第 2分科会 「医療従事者の確保など医療提供体制の整備」
第 3分科会 「福祉・介護サービス提供体制の充実」
第 4分科会 「私たちの健康と“食べ物”の関係について
 ―管理栄養士に求められるものとは―」
第 5分科会 「仕事と家庭の両立を支援する保育サービスの充実」
第 6分科会 「製造業の経営力・技術力の強化について」
第 7分科会 「中小企業の現状とこれからの地元における金融機関の役割」
第 8分科会 「地域資源を活用した観光交流の拡大」
第 9分科会 「野菜の産地拡大、若者や女性など多様な人材育成等による地域農業の振興」
第10分科会 「最上地域らしい住宅とは」
第11分科会 「子どもの多様な力を引き出す教育の推進」





最上総合支庁よりお越し頂いた職員の皆様。


それぞれの分科会毎に車座になってお話を伺います。


スライドを用いたわかりやすい説明。


身近な地域だからこそ目から鱗の連続です。


本気の大人の真剣な言葉だからこそ響くものが。


だんだんと打ち解けて和やかに話せるように!


わからない事も気軽に質問。丁寧に教えて頂きました。


お話を踏まえて取材先を決定します。

 この地域理解プログラムは、3年前から始まった本校独自の取り組みです。身近な地域の課題とその解決について考える過程の中に、自分自身が人間としてどのように生きたいか、何をなすべきかを考えるヒントがたくさんあります。これからの時代を生き抜けるような、自分の頭で考え、自らアイディアを実行していく主体性と探究的な姿勢を大切に育てていきたいと考えています。



 貴重なお時間を割いて地域課題講座にご協力くださった最上総合支庁の皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 今後の地域理解プログラムの流れは以下の通りです。

 ◆ 10月27日(金) 企業・団体取材
     今回の講座を踏まえ、チーム毎に地域課題の解決に向けて関連する企業や団体を訪問し、取材を行
     います。
 ◆ 12月 8日(水) 第一次プレゼン発表会
     取材を元に各チームで分かった事・考えた事・解決のためにできる事をまとめたプレゼンテーションを行
     い、全体で発表する代表者を選出します。
 ◆ 12月 15日(金) 学習成果発表会
     第一次プレゼン発表会で選出されたチームが、取材でお世話になった皆さん、最上総合支庁の皆さ
     ん、そして1年次生全員の前で発表を行います。






備えあれば憂いなし。防災訓練実施(3年次)

2017年9月29日


 本日は2学期中間考査最終日でした。テストも終わってひと段落ついたところで3年次生を対象に避難訓練を実施しました。今回は火災で階段が使えない場合を想定しての避難訓練です。


避難器具の設置の仕方と使い方の説明。


外から脱出シュートを見るとこんな感じです。


シュートの中を通り、3階から1階に避難します。


案外着地が難しい…!次の人のために素早く移動。

 脱出シュートの中は螺旋状の滑り台になっており、回転しながら滑るため、見た目に反してゆっくり降下することになります。体験した生徒は、高いところからも安全に落下できる仕組みに感心していました。経験しておけば、いざというときも落ち着いて避難できます。
 災害はいつ起こるかわかりません。そしてわずかな対応の違いが命運を分けます。いざというときに落ち着いて行動すること、そのためには日頃からいざという時の行動を頭に入れて生活することの大切さを学んだ防災訓練でした。
 これを機にご家庭でも緊急時の対応についてお話頂ければ幸いです。






 ☆ 生徒執筆記事

伝え続ける。文化祭で募金活動を行いました。
 (3年次有志企画 Standing Together Project)

2017年9月1日、2日


 8月12日に被災地である宮城県気仙沼市で震災学習を行ったことを受け、文化祭で被災地訪問を通じて学んだことを発表し、少しでも被災地へ支援を行うべく募金活動を行いました。そして、300円以上募金してくださった方々に、このプロジェクトに参加したメンバー一人ひとりが一文字ずつ担当し思いを込めて作り上げあげたステッカーをプレゼントしました。


3年次生と先生を対象に事前募金を受け付けました。


沢山の人たちが協力してくれました!


文化祭1日目。全校生徒の前で支援の意義を説明。


発表に合わせて新聞も配布しました。

文化祭で配布した新聞です。
PDFデータ化しておりますので
こちら からご覧下さい。
(PDF版)

 


教室を拠点に募金活動!


校内も巡回して多くの方に協力を呼びかけました。


被災地訪問の様子をパネルに掲示してご報告。


ステッカーの原画。デザインに込めた意味が載ってます。


今年は自分たちで考えて防災ポーチも展示。


防災グッズとその活用の仕方をご紹介しました。



 多くの方々の協力のおかげでたくさんの募金を集めることができました。この募金は被災地の復興に少しでも役立てられるよう「気仙沼市災害対策本部」様や「日本赤十字社東日本大震災義援金」様、「ふくしま学びのネットワーク」様に全額寄付させて頂きます。


ご協力ありがとうございました!


 




北焔祭2日目・それぞれの個性が、今、花開く!

2017年9月2日

写真撮影:視聴覚委員会



 前日の興奮もそのままに、北焔祭も二日目に突入です。
 二日目は2年次のクラス企画、3年生の模擬店、文化部企画、有志企画など、バリエーション豊かな催しが魅力です。
 祭を大いに満喫する新北生をご覧ください!



3年生の模擬店。味にも工夫にも自信あり!


裏方の調理班。縁の下の力持ちです。


今年もやって来た最上校ブース!一緒に遊べます!


2年次クラス企画。沢山の方に楽しんで頂きました!


大迫力の書道部・ライブパフォーマンス!


美術部のブースではオリジナル栞づくり体験も!


美術選択者の作品。今年は手のデッサン。


茶道部のお茶会。ご当地キャラ・かむてんにもお茶を!


文芸部喫茶。本に登場するお菓子を振舞いました!


科学部公開実験。液体窒素でアイスを作りました!


東日本大震災への募金活動・Standing Together


職員もサプライズ出店!


体育館での有志発表。プロ顔負けの演奏も!


ピロティでの有志企画♪先生も一緒に!

 会場の熱気が最高潮に達した中、そろそろ閉祭の時間です。


最上校の皆さんありがとう!


書道部の作品のお披露目です。力強い仕上がり!


1年次合唱コンクールの優勝は1年3組!



 これにて新庄北高の文化祭・北焔祭は終了です。何ヶ月も前から準備を行ってくれた文化祭実行委員や生徒会役員の皆さん、お疲れ様でした!
 今年の文化祭のスローガンは、「Blooming Beautifully 〜それぞれの個性が 今 花開くとき〜」。
 文化祭も復活して7年目を迎え、新北生一人一人が創意工夫を凝らした企画が個性豊かに会場を彩ることを祈念して掲げられたスローガンでした。
 生徒達は、一生懸命準備をした事を皆様に喜んで頂けた事で、大きな達成感を得ることができたようです。北焔祭に携わってくれた方々一人一人の笑顔の花が、美しく咲き誇った文化祭でした。
 HPで紹介したのはごくごく一部です。
 来年は(来年も!)是非北焔祭にお越しください!!!


ご協力・ご来場ありがとうございました!
これからも、よろしくお願いします!







開祭!北焔祭!(1日目)

2017年9月1日

写真撮影:視聴覚委員会

 秋の気配が近づき、9月となりました。
 多くの新北生が心待ちにしていた北焔祭(文化祭)のスタートです!
 北焔祭の一部を写真と共にご紹介いたします。


実行委員長の挨拶で北焔祭開幕です!


全校企画のお披露目に歓声が上がります!


各年次の生徒写真を囲み、手形で花を!


視聴覚委員の力作、OPムービーと企画紹介ビデオ!



有志企画・Standing Together 被災地訪問の報告


音楽部。顧問の先生も一緒に伸びやかな演奏。


吹奏楽部。聴衆を巻き込んで盛り上がります!


演劇部『それはいえない』 。秘めていたものが明らかに


1年次生の合唱コンクール。こんなパフォーマンスも!


体育館中に響く美しい歌声。審査結果は翌日。

 1日目はこれで終了。
 新北生の熱気はアルバムをご覧の皆様にも届いているでしょうか?
 明日は2・3年生や文化部、そして有志の企画が学校中を舞台に行われます。
 そのための準備を、あともうひと踏ん張り!
 沢山の方々のご来場、新北生一同お待ち申し上げております!!



学校行事のページに戻ります