平成29年度年間行事予定表に関しては、こちらをクリックして下さい 。

◯4月8日(土) 平成29年度 入学式

※ 新年度気分も新たに9名の新たな仲間を迎えました。3月に1名の卒業生を送り出し、若干寂しさはありましたが、男子3名、女子6名が新たに入学しました。学校全体に活気が増し、とても良い雰囲気の中、感動的な祝辞を頂き、新入生も在校生も新たな気持ちで新学期を迎えました。



































◯4月11日(火) 新入生対面式

 ※ 平成29年度生徒会活動最初の行事です。
   1年次から4年次まで、定時制の生徒達は、「心を通わせる」ことを大切にしています。
   まずは、自己紹介が大切です。全員が素直な気持ちで自分のことを話すことができました。
   生徒会が中心になり、「温かな雰囲気作り」をするためにいろいろな工夫をしています。





































○4月14日(金)新入生歓迎たこ焼き大会

  ※4校時のロングホームルームの時間に「たこ焼き」をして新入生を歓迎しました。楽しさプラス美味しい
  行事になりました。





























  

◯4月25日(火) 俳句教室

※ ロングホームルームの時間に、夜の最上公園に出向き、桜を眺めながら俳句や短歌を詠み、学年を越えた仲間意識や友情を深め、有意義な時間を分かち合いました。



































◯5月12日(金) 後援会総会

 ※ 後援会とは、全日制ではPTAに相当する組織です。
   1年次から4年次までの保護者・職員・在校生の就業先等の後援団体・卒業生有志等で構成しています。
   定時制の生徒が、学校行事その他の活動をより充実したものにするために、資金面だけでなく、精神面でも
   支援している組織です。そのため、生徒の各種行事がうまくいくようにあらゆる角度から話し合いが行われ
   ます。




































○5月16日(火)スポーツ大会①

  ※この日は、最北地区の高等学校教職員の研修会があり、先生方は疲労困憊状態でしたが、生徒達のエネルギー   を貰いながら、審判などの補助を努めました。生徒も先生も疲れたようです。






































































◯6月17日(土) 山形県定通総体

※ 当日は天候にも恵まれ、生徒が日頃の練習の成果が期待できる大会日和になりました。本校生徒は実力を発揮することが
  でき、陸上部・卓球部の両部とも全国大会出場の権利を得ました。以下はその活躍の一部です






























  ※ 定通総体前日に行われた壮行式です。
















◯6月23日(金) 食の講話

 ※ 今年度は、パスラボ山形ワイヴァンズ (WYVERNS)の佐々木 瑛(ひかる)選手をお迎えしました。
   佐々木選手達が普段練習しているプレーを紹介した後、本校生徒とのデモプレー(1対3)、その後食に関する
   Q&Aを行い楽しい一時を過ごしました。お忙しい中、本校生徒のためにご来校ありがとうございました。
   以下は、その様子です。






































○7月1日(土)薄暮運動会

※ 数日前の天気予報では、雨の確率80%でグラウンドでの開催が危ぶまれました。しかし、当日は朝方雨は降ったものの午後から日が差してきて、夕方からの運動会には上々の天気となりました。


















































































































◯7月21日(金) スポーツ大会②

※ 昨年は雨のため、外でのスポーツはできなかったが、今年は天候に恵まれ、ソフトボール競技をすることができました。
  運動会同様紅白に分かれ試合が行われました。結果は15対7で白組の勝利となりました。以下はその活躍の一部です


  ※ 授業の疲れやストレス解消のための大切な行事です。


◯7月24日(月) 陶芸教室

 ※ 例年は2学期始業式後に行っていましたが、今年度から、山形県定時制通信制「生徒の集い」への作品を余裕を
   持って制作・出品します。各自入賞を目指して一生懸命に制作に取り組みました。
   以下は、その様子です。



































○7月25日(火)生活講話、7月26日(水)パトリック先生(ALT)の送別会

※ 「生きていく中で大切なこと」について考えてみよう」と題して山形県若者就職支援センターの菖蒲順子先生をお招きして、
   ワークショップを行い、様々な人生観や職業観について皆で話し合い、考えを深めました。(写真左)

※ 3年間ALTとして、定時制の生徒達と過ごしたパトリック先生の送別会を行いましたが、当日は奇しくもパトリック先生の
  26歳の誕生日で、日日と年齢が同じ数字の誕生日は一生に一度だけということで生涯この日を忘れることがない日になった
  ようで、本人もとても感動していました。別れは哀しいですが、カナダでもたくさんの幸せが待っているようです。(写真右)